ガスト バイト 体験談

ガストのバイト体験談|向かないホールを選んで、後悔の日々

ガストでバイトを始めて、ひと月ほどが経ちました。
私はホールを担当しています。

 

元々、キッチンで働きたかったのですが、
面接のときに色々と話をして、ホールに決まりました。

 

私は人と接するのが苦手な方で、今となっては、
ホールを選んだことをとても後悔しています。

 

仕事は丁寧に教えてくれるのですが、
忙しくなると口調がきつくなることも少なくありません。

 

徐々に仕事を覚えていますが、
それでもミスしてしまうことがあります。

 

ゆとりのある時は普通にオーダーを取れますが、
混んでくると気持ちが焦ってしまい、ミス連発。
そのミスをカバーしようとして更なるミスを重ねてしまうこともあります。

 

そんな時はサービスエリアに戻るのが怖くなってしまい、
思わず店内をうろうろ。

 

ガストはマニュアルが整備されているのですが、
実際はマニュアル通りにいかないことの方が多いです。

 

例えばご案内の時も、お客様からマニュアルにないような答えが返ってくると
しどろもどろになってしまうことがあります。

 

一方で、慣れてきた仕事は雑さがでてしまうこともあり、
そんな自分が情けない。

 

先日、バイトを辞められる方に、少し愚痴をこぼしてしまったら、
「きつい言い方をする人もいるけど、後々まで引きずるような人ではないから」
と慰められました。

 

それを聞いて、よし頑張ろうと思ったのですが、
前回のバイトの際にマネージャーからアドバイスをもらった時、
私の声が小さかったからか「返事した?」と強めのトーンで言われました。

 

そんなことがあり、実は今日、バイトだったのですが、
理由をつけて休んでしまいました。

 

出勤直前の休みは迷惑なはずなので、
そんな自分の行動に対して一人落ち込んでいます。
(これって自己矛盾ですね)

 

最近、強く思うのは、人には向き不向きがあるということ。
私は一つのことを黙々とこなすのは苦になりませんが、
お客様相手など、臨機応変な対応は苦手。

 

クルーの方々は、本質は良い人だと思うので、
もう少し頑張ろうと思いますが、
バイトを選ぶ際は自分の適性を十分に加味した方がいいですね。