ガスト バイト 体験談

ガストのバイト体験談|慣れてしまえばファミレスは楽なバイト

ガストのキッチンでバイトを始めて2年半くらい経ちます。
最初は覚えることだらけで、本当にきつかったです。
慣れるまで、バイトに行くのが苦痛でしたから。

 

でもそれも最初の3ヶ月ぐらいでした。
どんな仕事も最初から全てを分かる人はいないですから、
自分も慣れるまでは頑張ろう、と思って耐えました。

 

慣れてしまうと、キッチンはけっこう楽だと思います。
お客さんと直接接することがないですから。
その点、フロアは大変でしょうね。

 

キッチンをやっていて、つらくなるのは、オーダーが集中した時。
特にゴールデンウィークなどの超集中する時はしんどいです。

 

ただ、そういうのも何度か経験する内に、逆に自信がつくようになります。
手を動かしながら、頭の中で次はこうしてその次はあれをやって、
といったようなことが考えられるようになるんです。

 

そうなってくると、
「よっしゃ、じゃんじゃん来てみろ」って感じになりますから不思議です。

 

どんなバイトもそうですが、
慣れるまでは耐えるしかないですね。

 

 

 

敬語を学べるのはガストの利点

 

ガストでバイトを始めて一年ほどになります。
今でもミスすることがありますが、最初の頃はひどかったですね。
ミスの連続でした。

 

ですから、怒られっぱなし。
いつも、めちゃへこんでいました。

 

ガストはマニュアル化が進んでいて、覚えることがとても多いです。
自分なりに一生懸命暗記しますが、それでも漏れが生じてしまう。
で、右往左往していると、怒られるっていう繰り返し。

 

そんな状態でしたから、クレームもたくさんもらいました。
でも、こうして続けている内に徐々に慣れますね。

 

未だに先輩のおばさん達の会話に入っていけませんし、
間違いもやらかしますが、自分なりに割り切っています。
もちろん、次は間違えないようにしようと頑張っていますが。

 

ガストに入って良かったと思ったことの一つが、
敬語をきちんと覚えられること。
学生の私にとっては、これは良い勉強になります。

 

どのような仕事もそうだと思いますが、プラスとマイナスがあるはずです。
その中に将来役立つことがたくさんあると思うので、
そういったことを活かしていきたいです。